スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

感謝の本当の意味

たわいもない話なのですが、
私の知り合いに「感謝」を連発する人がいます。

二言目には「感謝します」、「感謝」、「感謝しないと」

とこんな感じです。


僕の中では、なんとなく違和感を感じますが、
気のせいでしょうか。

自分でもよく分かりません。

ちょっとネットで知らべてみたのですが、
感謝の「謝」というのは、
言+身+寸の三つで構成された漢字で、



言⇒言葉でありがとうと言う


身⇒何かしらの行動で恩返しをする


寸(お金の意味)⇒寸志という言葉があるようにお金でお返しをする


といった文字だそうです。


という事ならば、「感謝」という言葉だけを連発して「身」と「寸」を表現して
いない人は、1/3しかお返しをしていないことになりますね。

何となく人が見られてしまいそうです。

毎度、毎度、1/3では困りますから、
3回に1回は「身」と「寸」も含めて表現するのが、
世の習わしということでしょうか。


私も人から何かをしてもらったら、「謝」という文字を思い出すようにします。

スポンサーサイト

2017年09月11日 未分類 トラックバック:- コメント:0

| 佐々木社会保険労務士 コラムTOP | 移動することの難しさ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。