スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

家庭菜園を始めました!

佐々木です。11/3に何気なく近所のホームセンターに行った際です。
家庭でも栽培できる種や苗がたくさん並べられており、
見ていてとても楽しい気分になりました。

前々から興味はあったのですが、苗を目の前にした途端、
気づいたらレジの前に立っていました!

さっそくベランダでプランターの準備を行い、
キャベツ、レタス、ブロッコリー、20日大根、カブを植え付けました。

水や肥料はたっぷり与えて、後は苗が元気に育つのを待つばかりです。

ところが、約2週間経った今でも苗はひょろひょろ伸びるばかりで、
全然野菜っぽくなりません。

家庭菜園のビギナーの私にとっては分からないことだらけです。

ネットで調べたところ、これは「徒長」という現象で、
発芽してから太陽光の少なさ、苗の密集度、肥料の与えすぎなどが原因で
苗がひょろひょろ伸びるばっかりで不安定な状態をいいます。

まさにこの現象ではないですか!!

さっそく、苗の間引き(発育の悪い苗を引っこ抜くこと)を行い、
日当たりに良い場所に移動です。水は極力少なめに与え、
後は、苗の発育をまつばかりです。

ところが、今度はブロッコリーの葉っぱに穴が開いてきました。
よく見ても特に虫がわいている感じがしません。

またまたネットで調べてみると、モンシロチョウの幼虫が原因と書いていました。

葉っぱを裏返してよーーく見てみると、

なんと、葉っぱの裏側に幼虫がぎっしりです!!!!

指で優しく一匹一匹つぶしながらの除去です。
なんといっても無農薬栽培が鉄則ですから。

毎日、朝と夜に野菜を観察していて気付いたことがたくさんあります。

その中の一つが、野菜も人も同じなんだってこと。

よーーく見ていて、気づいて、工夫して、働きかけると、
野菜も人も元気に育つんだってことです。

気配り、目配り、心配りとよく耳にする言葉ですが、
自分でリアルに家庭菜園を始めて改めて感じちゃいました。

次回は写真を付けてわが野菜さんたちをご紹介しますね!

スポンサーサイト

2014年11月18日 未分類 トラックバック:- コメント:0

<< 念願の社員旅行!! | 佐々木社会保険労務士 コラムTOP | 再挑戦!! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。