スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

7月4日:先人のお話その1

「昔の人はよく言ったものだ!」という言葉をよく耳にします。なるほど言われてみると、本当に的を得た言葉をおっしゃっております。誰が言ったのか、本当に言ったのかは分かりませんが、四字熟語やことわざは実にすばらしいものだと思います。最近、新聞を賑わしているミート問題や社保庁の年金問題などは、まさに「因果応報」です。悪いことをしていれば本当に報いがくるんだなと実感させられました。ただ、被害者にとってはたまったもんじゃありません。でもそれらの問題を「対岸の火事」で見ている人もいるはずです。願うは、これらの問題が「喉元過ぎれば熱さ忘れる」にならなければと思います。話は変わりますが、最近歩きタバコをよく見かけます。ほとんどの自治体が条例で禁止していますが、効き目がないようです。歩きタバコにポイ捨て、あれを見て育つ子供たちは、間違いなくそれを繰り返します。結局そのマナーの無い行いが「塵も積もって山となる」となり、喫煙者が住みにくい社会にどんどんなっていく気がします。「他人のふり見て我がふり直せ」とはよく言ったものです。最近新聞に載っていた記事を見てびっくりしました。親が学校の教師にクレームを言うのですが、その内容がすごいのです。「運動会のときにうちの子供をピラミッドの一番上にしろ」、「うちの子供は家で掃除をしたことがないから、学校でもさせないでくれ」、「朝、起きれないから(親が)学校が子供を起こしてくれ」・・・。「世も末」になってしまいました。子供たちにとっては、その親たちが「反面教師」になってくれるといいのですが。メタボで悩む人は多いはずです。最大の原因は、運動不足と過食です。私はメタボ2軍ですが、このままで行くとメタボ1軍への昇格間違いないと思い、水泳を始めました。泳いでいる時はしんどいですが、終わった後は結構気持ちがいいものです。でも「三日坊主」にならないように気を引き締めて頑張ります。

スポンサーサイト

2007年07月07日 未分類 トラックバック:- コメント:0

<< 時間と焦りについて | 佐々木社会保険労務士 コラムTOP | 6月5日:少子高齢化について >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。